twitter

Calendar

SunMonTueWed ThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Mobile

qrcode

Sponsored Links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.06.17 Sunday | - | -

スイートプリキュア第一話

 2/6からスタートした、プリキュア新シリーズ

「スイートプリキュア♪」

スイートですよ。suite。組曲です。
音楽をやっている身としては嬉しい内容です。

実は今までも音楽的な要素?ってのは、前シリーズでもいくつか出てきてました。
プリキュア5でピンキー納めるときとか、フレッシュでは各々のパワーアップアイテムが音階を奏でたり(パインとパッションについては武器が楽器)、ハートキャッチでも必殺技が「フローラルパワーフォルティッシモ」「ハートキャッチオーケストラ」とか。

でもでもここまで大々的に音楽なのは勿論初めてですので、うちはとても楽しみにしていました。


そこ、「いい大人が何を」とか言わない。


アニメは子どもが楽しむものってのはある種当然ですが、幼児向けアニメの中にはすごくメッセージ性が強いものがたくさんあって、大人になってから見たほうが感銘を受けてしまうこともあります。
忘れちゃいけないものが、たくさんあるんだなって。
そして大事なことをきちんと子どもに伝えていきたいって、思えます。

いや、自分の子どもがいるわけじゃないけど。世のお子様方に対してって意味で。

とりあえず、次回も楽しみです。
今回のOPもゴキゲンな感じで、うちは結構好きでした。

 

 

今更感ありますが箇条書きで少し。



・アバンタイトル長っ!
初回なので説明が多いのは仕方ないのですが、いつ歌が始まるのかな〜と思いながら見てました。

・対比描写
アフロディテとメフィストハミィとセイレーン響と奏
長い付き合いで喧嘩ばっかり。このあたりがそっくりなこの三組。
最終的に対立しないんじゃないかな…?と疑問を抱く程、やりとりにあったかさすら感じます。

・アフロディテのキャラ
「伝説の楽譜」を守るメイジャーランドの女王。
が、開始数分でその楽譜を奪われるというwww
しかも奪われてもどことなく余裕ある感じとか、伝説の楽譜上の音符を人間界にぶっ飛ばし、ハミィに集めてこさせる感じとか、メフィストとのやりとりが女王っぽくないとことか。
メフィストの「伝説の楽譜を不幸のメロディーに書きかえ、世界を悲しい世界に陥れる」という計画に対し、やれるもんならやってみろ!と言わんばかりに音符をまき散らし、こっちにはプリキュアだっているんだからね!的なセリフ。
全然女王っぽくありませんw

・響と奏の夫婦喧嘩
主人公たちの中で、おとなしいキャラなのに、奏のようにこんなに沸点が低い人は今までいませんでした。新しい展開!
ころころ表情を変えながら言い争う場面はクスクスと笑いがこみ上げてくるほどコミカル。
喧嘩してるのに二人のセリフが重なると、周囲から「ハモった!」なんて茶々が。ちょいちょい音楽にひっかけてくるあたりがよいですね。

・思い出のレコード
喧嘩して悲しい気持ちになって、思い出の場所に向かう二人、よくレコードを一緒に聴いて遊んでいた頃を懐かしむ場面なんかは、ありがちですがわかりやすくてよかった。
考えることとか思いは似ていて、本当は仲がいいんだねってのが随所でわかります。
そしてそのレコードがマイナーランドの連中によってモンスター的な敵「ネガトーン」に…
大事な思い出のレコードを返せ!ってところは、思い出というありふれた日常を重んじるプリキュアのスタイルをきちんと踏襲していて素敵です。

・変身バンク
そして二人の思いが一つになって変身。
今回は優雅な印象でした。
バトルはどんな感じなんでしょう…明後日が楽しみです。



しかし、伝説の楽譜を奪われたことをセイレーンに指摘されたハミィの一言、

「そんな悲しいことは忘れたニャ☆」


これくらい前向きに生きたいです。私も。


あと、EDのCGすごすぎ。ダンス…難しくなってません?





2011.02.11 Friday | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2012.06.17 Sunday | - | -

Post a Comment

Trackback URL

http://timid-heart.jugem.jp/trackback/79

Trackbacks

Selected Entries

Recent Comments